二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

伸びしろgirl


ところで先月、娘の中学受験は無事に終わったのですが、成功?失敗?と聞かれたら

成功です。

うちの娘は、持ってたな、と。運を味方につけられたな、と。

その要因のひとつは、おそらく 最適な受験校を受けることができたこと。

結果論ではありますが、ご縁のあるところに決まるべくして決まるものなんだろうと思います。

中学受験で第一志望校に受かるのは

5人に1人

とも言われていますよね。

また
受験した学校すべてにご縁がなかった、合格したところはあるけれど子供が地元の公立中学を選んだ、
という方もいらっしゃいます。

いずれの結果になるにしても、親子ともに成長できるそれが中学受験だと思っています。
今、一旦受験が終わり、そう実感しています。

一旦、、というのも
娘の受験終了の翌週から、次は息子の受験勉強がスタートしたのです

息子は今、小学三年生です。新4年生として2月から通塾を開始しました。
娘の受験が終わってすぐまた受験への三年間がスタートしたわけです。

一人っ子の受験経験者のママ友からは「また始まるのかー、大変ね」と言われますが
いや、娘の受験という経験を次はどう息子に活かすか、

そこは親としての腕の見せ所、なのでは

と思うのです。