二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

息子のプライド

f:id:gnomama:20210312125852j:plain

 

ほんと、つくづく男の子はプライド剥き出しにする と感じますよね。

自分がわからない、できないことを、人に知られたくない、ママに知られたくない。

だからちょっとでも出来ないと、っんなのわかってたよと、出来ないことを認めたくない気持ちが強い

逆手にとれば
出来るんだ、と自信があるのをどうにかそのまま維持していけたらいい。

どーせ僕なんか出来ないんだと、ならないように。

できた部分ほめるのは勿論ですが間違った部分とどう向き合うか、これが一番難しい気がします。

計算問題で数字が間違ってたら「おしいねっ、あと2足りなかっただけじゃん」
漢字がわからないなら、ヒントを与え続ける
【ひかん的】→「らっかん的の反対、楽しいの反対!」
サバンナも【うき】に入った→「乾いてない季節、晴れの反対!」 『晴れてない』 「いや、まあそうだけどくもりじゃなくて?」  『ああ!』

みたいな。。やりとりも楽しい。
何回も書いて覚えるよりは、連想させて考えて覚える感じですね
だって、ただ覚えるために書きたくないものね。

私が嫌なことは息子もだいたい嫌だろうな、と思うのです。ただ、得意なことはまた別。