二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

満点をとってきたときは

息子が毎週の確認テストで
100点とってきました。

塾帰りの帰路、

『あ、なんか今日のテスト、
 良かったかな、忘れた  』


ちょっとクールに装いつつも、
よく出来たテストをほのめかしてくる。(可愛い)

こんな時はめちゃくちゃ褒めます。

また100点とろうっ
て、思ってくれたら良いな。

成績が良かったら、○点とれたら、
ご褒美に○○買ってあげるよ

は、あまり必要ないと思う。

短期的には効果があるのかもしれないが
長期的には、ご褒美自体が目的になってしまう。

自分がなぜ今勉強しているのか、
どうして頑張るのか、頑張れるのか

子どもなりに考えて、納得し
自発的に取り組むことが大切だ。

とても難しいが、日々やらされてる感がMAXだと
いずれ放り出したくなってしまう。

ママが言ったから受験勉強してたんだ
ママが受験してほしいんでしょ
ボクは別にやりたくないんだ

このやりとりは避けたい。

・ご褒美は むちゃくちゃ褒める だけでいい?