二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

「勉強しろ」と言わないためには

f:id:gnomama:20210317142404p:plain

こちらの本は、
「勉強ができる子」と「できない子・できなくなってしまった子」の実例や
著者自身の幼児子育て(当時は小学校低学年)などをあげて
学びにはいかに自主性が大切か、ということを伝えるものです。

因みに、中学受験生に関してというよりは
大学受験生、医学部受験生、法科大学受験生などの実例が多く、中学受験する子どもを持つ親に直結したアドバイスや対処法のようなものはありませんが、本書全体を通じ、自ら学ぶ姿勢を育てるための親の心得を伝えてくれるものです。


さて、
文字通り「勉強しなさい」とは普段なかなか言わないとは思いますが

例えば
「そろそろ宿題やりなさいよ」「あれやったの?やっちゃいなさい」
のようなフレーズを言わないで済むには、どう親が関わっていったらよいか
ということなわけです。

要するに
受動的学習、ではなく能動的学習をいかに促すか
という話です。

できる子とできない子、できなくなってしまう子の差は、
自分から進んで学んでいるか、親に言われるがままやっていないか・やらされてないかどうか
に尽きる、というのですが

そりゃそうでしょう。
大人でも学び直しの時代ですから、能動的学習がいかに有意義かは誰でもわかります。


ただなかなか難しいですよね、
小学生で自ら進んで塾の課題をこなしたり、自ら調べたり計画したりしながら学んだりするのって。

勿論、幼少期から様々な取り組みをされてきた親御様からしたら、さほど難しくないことなのかもしれませんが、
親の管理下で自ら学ぶ、を促すにはやはり少なからず親御様の努力はあるわけです。


そこでとりあえずまるっと、著者の言いたいことをかいつまんでお伝えするならば

親が学ぶ姿勢を見せること、が大切

のようです。

親が、学びは楽しいと身をもって伝えられていれば、子供は見習う、というわけです。

 

受験のプロ・教育者である著者ならでは、ですよね。

またこのような学ぶことについての本は、必ずと言っていいほど親がまず学ぶこと!

 

正論と言わざるを得ない・・のですが、

・親が教育熱心かつ親自身も学ぶ姿勢を見せること

さて、また実践・考察の日々です・・。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村