二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

プチ切れを溜めない

f:id:gnomama:20210318092904p:plain


珍しく父親が朝の基礎力テストをみている。
(なんだろう、定例組分けテストの算数が想定外に悪そうだからかな、算数メイン担当はパパだし)

普段はママに見られていると
『見てないでよ、、』
と言う息子も父親がそばについていると
おとなしく取り組んでいる。


(てか朝の担当、早起きしてずっとやって下さい)

と思いつつも

「どうして見てあげたの?今朝は」

理由は、私がよく息子について
解く時間が遅い、朝やらせないほうが良いのかな
などと夫には言っていたため、
どんな感じか、と朝の息子が取り組む様子を見たのだそう。

まあ、ママとしては今のところ冷静に余裕をかましていますがママも仏様でも何でもないので、親といってもただの人間なので

わずかなことでも、私の思い通りにならない点は
日々、ブチ切れにいかないまでも
プチ切れをしているのだ。

ただ意識出来る部分も無意識な部分も含め、やはり心に溜めておきたくないものだ。

この思いが極力息子には向けられないように
うまく小出しに吐き出すことが大切ですよね。

ときに夫を動かすこともあるわけですから。
 

POINT
・受験も ワンオペでは うまくいかない

ブログ村バナー にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村