二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年8か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

地理「北海道」エピソード記憶?暗記法

Switch(ゲーム)やりたいができない弟(息子)のために、姉(娘)がやっている。(やめてくれー)
息子は脇で勉強をしているが、かなりSwitchに頭が…

こゆときは、簡単なアウトプットしかないな。(やらせるのか?意味なくないか?)
というわけで、比較的得意と思われる社会をやる。いや、漢字か。案の定、なかなかはかどらない…。

脳科学の本によくある、エピソード記憶。体験したこと、感動したことと共に記憶する。
Switchしながら北海道の白地図埋めたなあ~♡ なんて、そんなうまくはいかないか。。

とりあえず少しだけSwitchをやらせてから、社会へ頭をSwitch。寝る前の数時間ならば、「勉強やっちゃったら、残りの時間ゲームしていいよっ、それから寝ようか」よりも、「ちょっとゲームやってもいいけど、そのあと勉強して、それから寝ようね」のほうが良いだろう。寝る直前に暗記ものを。


さて私は、息子にこんな旅のお話をしました。

f:id:gnomama:20210409112348p:plain

青函トンネルを抜けて知床半島へ

青森から青函トンネルを通り、函館へ向かいます。渡った先は渡島(おしま)半島。青函トンネルもおしま(渡島)い。やっとたどり着いた北海道☆いきなり「ウスッ(オスッ)」と迎えてくれる有珠山。そして次に迎えてくれるのは?

「いやぁ、、北海道も高齢化でね、日本は大変だ」と、まずはお爺さんが出てくる洞爺湖。じい(爺)さんにとう(洞)さんも一緒だ。お爺さんは、「あれっ、富士山じゃ!」いや、違いますよ。それ、偽物、ニセ。ニセコ蝦夷富士あり。北海道の富士山と言われてますけどね。だって、富士山に羊はいないでしょ?蝦夷富士だから、羊蹄山なわけですよ。
それから正真正銘の道庁所在地、札幌市を横目に北海道の中心に進んでいくと…、中心に位置する大切な大切な大雪山が見えてきます。大切だから北海道の真ん中にどぉーんっと大雪山
それからまたさらに進むと…、はい、お爺さんが大切に大切にしすぎて過保護になっちゃって、、こりゃアカン子が育ったわー、阿寒湖。アカン子(阿寒湖)の名はマリコ、じゃなくてマリモ。阿寒湖マリモで有名なんだってさ。あとこれは知っとこうね、知床半島。世界自然遺産!
サロマ湖はオホーツク海に面してるから、カタカナ繋がりで覚えよう◎。

ママオリジナル、ムリやり繋がり物語暗記法。

脳科学的には、エピソード記憶は体験から繋げる暗記、というもののようですが

なかなか日本全土を実際に行って体験できないもの。物語を作っていく暗記法でもいいじゃないか。。

それにしても北海道って、たくさん覚えることがありますね💦

爺さん洞(父)さん 過保護で アカン子(阿寒湖)できた