二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

苦手克服で満点ゲット!計算術を身につける

苦手な単元は?

計算です。


毎朝のママとの(ときにパパも参加)計算勝負は継続中ですが、一行問題より、単純な計算がややてこずる傾向にある。
だから、単純計算から始まる一問目からやらずに、後のほうの一行問題からやっている。
単純だけど、数がデカイと息子は及び腰になるんです。

 

致命的ですが計算をなんとかしたい。

 

国語の漢字に悩むお子様の、算数versionといいましょうか。

ということは、漢字練習をやたらこなすように
やたら計算練習をやらせたらよいのか?

 


(自称)計算マスターの夫曰く
「計算なんて自分で工夫していくものだ。

 いかに楽にミスなく解くか。ただ数字の感覚さえ身に付けていればいい。
 計算なんて、もうAIがやってくれるし。

 平方の計算(19×19など)だって、別に覚えなくても工夫したらすぐ出るじゃん、答え。」

 

まあ、そりゃあそうですけど。ってか、算数は暗記だ論者の私にはピンときません。
計算問題も中学によってはパターンを暗記するだけのような学校も見受けられたりしますよね。一見めちゃくちゃ複雑そうだけど、綺麗な数字で最終的にまとまって、正解⭕!
これ、出題者の問題作成の美しさ自慢?みたいな。

 

 


それはさておき、
とにかく定例テストは時間との闘いで
算数の場合は特に時間内に全ての問題を解くには、どうしても計算力は必須になるんですよね。


国語、社会、理科で自信を持ちつつあるので(息子基準)、算数にもその自信をもたせたい。自信喪失→苦手意識→やらない→できない→自信喪失・・・の悪循環だけは阻止したい。

ただ
漢字の書き取り、覚えるまで書く!が、非効率なように
計算も量をこなすだけではいっこうに人並には追いつけないであろう。

できるだけ効率的に身に付けたい。


そこで、今更ながら買ってみたのがこちら。

 

 

f:id:gnomama:20210510160728p:plain

 

 

この満点ゲットシリーズには以前から国語ではお世話になっていましたが、とうとう計算の分野まで助けを求めることに。

 計算練習はわりとよくやっているので、違うツールでアプローチ。

といっても、息子は漫画ならスッと入ってくるようなので。。

 

表紙の 3+8=□ からもうかがえるように

かなり初歩的なことからわりと幅広い範囲までにふれられていて、それでいて最低限のポイントに絞った感じです。学校では教わらない計算の術が説明されています。

サクッと読めるので、息子にはちょうど良さそうだ。

計算なんてちょろい、ってお子様には全くもってつまらない本だと思われますが、息子にはしっくりきそう。

 

即効性は期待できないかもしれないが、自分で工夫するきっかけになればよい。

 

今朝も、
『はやく計算できるようになりたい・・』とつぶやいていた。

 

毎回ママに負けてらんないもんね。