二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

中学受験に必要なこと~合格体験談から~

 

f:id:gnomama:20210515143933p:plain

 

 

卒塾生と保護者の合格体験談が綴られた冊子【合格者の声】

主に受験期にあたる6年生向けの内容がメインではあるが、

4年生にも参考になりそうな箇所にマーカーを引いてみた。

息子にそこだけ読ませます。

 

f:id:gnomama:20210513175047p:plain

 

 

 

と、思いきや
なぜか娘が音読し、読み聞かせていました。

なんでやねん、、 (すみません、似非関西弁です)

 

そして開成中合格のくだりには
なぜか息子がくいついていました。

それこそ
なんでやねん、、


大体似たような箇所にマーカーがつくのですが、

誰もがやっていることは真似すべきもの、とても大切なんだ

ということが伝わるといいと思います。

 

息子は、
わからないところは先生に質問する点が出来ないので、

そこは見習ってもらいたい。

「質問することがなかったら、質問してる六年生とか五年生の脇で聞いときなよ。まさに、一挙両得。なるほど~、こんな感じで悩むんだな、て先取りできるじゃん」

 

『ん~』

と、ほぼスルー気味でしたが。

 


時を待とう。

 


保護者の声としては、

  • 塾を信じて任せること。
  • いろんな情報に惑わされ、他の教材などに手を出すのではなく、塾の授業とテキストをしっかりこなすこと。
  • 我が子を見守り、よく観察し、信頼し続けること。

 

でした。

また、反抗期にさしかかるお子様の悩みも少なからず見受けられましたが、塾の先生に頼ることで乗り切れた。志望校決定には、本人の意思を尊重して導いてくれた。
など

 

冷静に見れば、まさか塾への不満を書き連ねる保護者の記述を載せるはずもありませんが、とにかく塾への感謝を綴った内容ばかりでした。

家庭学習管理については、子供の補佐役としての位置に徹し、塾から課されたことに親としても真摯に取り組む姿勢がありました。

中には、
組分けテストや偏差値にとらわれすぎていて、なかなか実力がついていないとの不安から、他塾から移られた方もいらっしゃいました。

 

娘は転塾経験はありませんでしたが、
これからもし息子の転塾が頭によぎるようなことがあった時は、長期的な視点をもち、我が子がそもそも楽しく通えているかどうか、を見極めることがポイントなのかな。

 

塾との信頼関係は、非常に大切なんだと改めて感じます。

 

因みに、保護者の方が当塾(グノーブル)を選択した理由は、

以下のようなものがありました。

  • 比較的小規模なクラス編成で、先生と塾生の距離が近い
  • クラス分けの基準がゆるやか
  • 授業が楽しい、魅力的な先生が多い
  • 国語は記述中心の授業で、すぐ添削してくれる
  • 扱う文章の質が良い
  • 算数は簡潔な基礎知識がまとまっているテキストではなく、問題中心で、解説が丁寧に掲載されている
  • 社会は地理を早期に終え、歴史を扱う期間が充分にある

 

授業が楽しい、とは息子もよく言っています。

 

また、体験授業は人気の先生で子供たちの心を掴むが、結局日々教わる先生はそんなに楽しい授業をしてくれるわけでもない、

といった塾も多いのではないかと思います。

全ての塾を経験したわけではないので、あくまでも個人的な感想です。

 塾講バイトなどをされた経験がある親御様はよくわかることと思いますが、

やはりプロの講師とそうではない講師は、明らかに違いますし。

 

とにかく塾生なりの様々な受験談はあれ

ザックリまとめると、大切なのは

 

長い受験勉強、気持ちや成績に波があり、山あり 谷ありだけど、

入試本番の最後まで諦めないで頑張ろう!

 

ということでしょうね。

 

いやー、、長い道のりだ。

来年は別の箇所にマーカーが引けているように
なっているとよいのだが。