二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

塾からの電話

塾にプリント数種類+傘を忘れてきた息子(2度目)

理科の答えだけ、算数の片方のプリントだけ

といってように忘れ方が意味不明
あわてんぼう。。

 

またとりに向かいます。テレワークの休憩と引き換えに。

ついでに日々の質問をしよう。(月1ペースでは何かしら質問しています)

と思いきや

先生不在のため
事務の方に細々と伝えて一旦去ります。

「数日内にはお返事できるかと思います」


とのことでしたが

その日の夕方
TELがきました。


息子の前で会話を繰り広げるため
誰からかかってきていたかが分かるようで
電話の後

「誰かわかる?」
『○○でしょ、わかるわ、ふつーに』


声がでかい人気の先生なので
息子も察知したようです。

 

「先生から直々に連絡くれたよー。
 授業中も計算すんなりできてますよー、だってさ」

『まあ、そりゃそうだよ。できてるし』

 

先生も息子の夕飯時にかけてきてくれるとは

いいタイミングで連絡くれるなー
狙いもあるのかな。

また塾に色々質問したくなりますね、これは。

 

塾の先生は
ちゃんと見てる、ということが伝わればいい。


大したことは、聞いてないんです。

ただ、家庭学習で
○○のプリントは何分程度で解かせるものか
○○○プリントのこの部分の解説がないか、など
まあ、息子が質問したら良い話なんですが。

 

4年の前半でこのようなちょっとした相談をしてくる親には、

まだ大丈夫ですよ
今やるべきことをやれていれば

のように言うでしょう。


ただ、質問がメインではなく

息子の存在を先生に印象づける目的もあります。

息子は比較的 ほわん としているので、きっと

塾生の大勢の一人に埋もれがちであろう。

まだ4年でもあるし。


質問が特になくとも
「最近、息子の授業中いかがですか?

ノートを見ると授業に集中しているか疑問なんですが」
みたいな電話も
ありですね。

 

先生から連絡がある、なんてこと自体
小学校でも皆無な息子は
塾の先生からの連絡は嬉しいようで、

今後もわざと連絡を入れてもらえるよう頃合いを見計らっていきたい。