二度目の中学受験2024グノーブルで挑戦中

伸びしろガールの姉に続き弟はグノーブルで2024受験予定(二年7か月後)。中学受験生をもつ親の心得・子育て術・対策法・経験などをもとに、我が子を観察・分析し、最適な「声かけ」や関わり方を日々模索していきます。

習慣化の功罪~自己流の習慣化は要注意~

 

 

計算競争開始24日目にして

ちょっとした気付きがあります。

 

習慣化=慣れ→なあなあ

からの

似たようなミスの習慣化

自己流の非効率な解き方の習慣化

 

朝の計算、一緒にやっていて

少しずつでもそれなりにスピードは向上しきてはいたが、

まだ改善の余地があることも発見。

 

例えば、

N角形の内角の和は?

N角形の一つの内角の和は?

といった問題では、息子はこのように解いていました。

 

五角形は540度、八角形は1080度、を覚えているので、

一二角形の内角の和を出すときには、五角形の内角の和+7×180°

みたいな、、

二段階式といいましょうか。

五角形から三角形を積み上げていく方式

が自己流となってしまっていたようです。

 

じゃあ、五十四角形の内角の和は?八十角形の内角の和は?

ってきかれたら、五角形から積み上げ方式、では

途方もない時間がかかることは息子も理解してくれた様子。

 

180×(N-2)

 

これさえ覚えておけばいい

でおしまい、でもありますが

多角形の中に三角形っていくつ作れる?

といった視点でみれば公式を覚えなくても大丈夫ですよね。

 

結局

公式の意味を理解すること≒公式を覚えること

 

に繋がりますが、抽象化がポイントだということを

何とかわからせたいものです。

 

量をこなしてなんぼ、といった単純計算の部分は

徐々に慣れつつあるのは実感しているのですが、

 

効率的な解き方をやっていないケースは、

見逃さず、修正すべきは修正していくことが重要ですね。

 

このことは、塾からも強く言われていることなのですが、

毎朝習慣化されていることのみに安心していた面があり、

内容に関してはおざなりになっていたと反省。

 

問題の過程をうっすらでも書いてくれるので、

なんとか修正箇所がわかります。

また、計算練習に関しては私が一緒に解いているので、

手をとめている問題が、それほど時間かかるはずがない、

と隣ですぐにわかります。

競争する一心で解いていた私も、

ここでちょっと成長せねば・・・

 

修正箇所がないかどうかチェックしつつ競争していこう

と改めて思うのでした。